豊胸手術 痛さ

MENU

豊胸手術は痛くないって本当?痛みについて

豊胸手術には、シリコンなどが入ったバッグを挿入する方法や注射で自分の脂肪やヒアルロン酸を注入する方法などいくつかの種類があります。
バッグを挿入する方法は脇などを切開しますし、注射でも大量の液体を注入します。
しかし、どんな手術であっても麻酔をするので、基本的に豊胸手術は痛くありませんから、手術に対しての痛みは心配しなくて大丈夫です。
口コミなどでは手術がものすごく痛い、なんてものもありますが、これは手術に関してではなく麻酔を打つときの痛みでしょう。
麻酔は注射で行うのが一般的なので、注射が苦手という場合は少し痛いかもしれません。

 

ただし、豊胸手術をした後には痛みがあるということを知っておきましょう。
手術方法によって痛みの程度は異なりますが、一番痛みが大きいと言われているのがバッグ式豊胸手術です。
大きい異物を体内に挿入するのですから違和感もありますし、胸の組織が圧迫されたり皮膚が引っ張られてしまうので痛みがあるのは当然ですね。
脂肪やヒアルロン酸は液体なので、胸の形に馴染みやすいですから、バッグ式豊胸手術よりは痛みはありません。
とは言え、今までよりも胸が大きくなるのですから、やっぱり痛みはあります。
一般的に、バッグ式豊胸手術の痛みは術後3日間ぐらいがピークで、圧痛は2週間程度で治まると言われています。
注入式豊胸手術は軽い筋肉痛のような痛みが3日間程続き、圧痛は1週間ぐらいで治まります。

 

痛みがあると聞くと、豊胸手術をためらってしまうかもしれませんね。
ですが、痛みはあるとしても程度は人それぞれに異なるので、実際のところは何とも言えないのが実情です。
また痛みが強い場合には痛み止めを処方してもらえるので、例え痛みが強くてもじっと耐えなくてはいけないわけではありません。
それに豊胸手術の技術はどんどん進化しているので、昔と比べると痛みの度合いも随分軽くなっています。
もし痛みに関して不安があるようでしたら、医師に相談すれば痛みの少ない方法を提案してくれますから、まずはカウンセリングで相談してみるといいですね。