豊胸手術 バスト 基準

MENU

どれくらいの大きさのバストなら豊胸手術を受けるべき?世間的なバストの大きさの認識

人それぞれに好みのバストの大きさがありますから、例えCカップの人でも自分の胸が小さいと感じれば、豊胸手術を受けるべきです。
逆にAカップであっても、特に気にしない方なら豊胸手術なんて必要ないですね。
ですが、世間的な豊胸手術を受けるべきバストの大きさ、という観点から言えば、AカップもしくはBカップの方は受けた方がいいのではないでしょうか。
もちろんこれはあくまでも一般的な意見であり、受けるべきとまでは言いません。
Aカップでも自分の胸が好きなら、小さくて女性らしい膨らみがないとしてもまったく問題ありません。
ただ、もし大きさにコンプレックスがあるのであれば、受けた方が良いということです。

 

世間的なバストの大きさの常識は、統計的に言うとCカップと言えるでしょう。
Cカップならそこそこの丸みもありますし、大きすぎませんから肩コリになることもありません。
水着を着ても目立たない代わりに目立ちすぎることもないですから、もっとも可もなく不可もない大きさと言えます。
また、近年の豊胸手術では、人に気がつかれない程度で目立たずに大きくする、というのがスタンダードになっています。
1カップから2カップぐらいのサイズアップなら、いかにも豊胸手術したという状態になりませんし、周りにも気がつかれることはありません。
ですのでCカップを基準にして逆算すると、AカップからBカップのバストは豊胸手術を受けるのがお勧めなのですね。

 

ただし一般的なバストの大きさはCカップであっても、最近は昔と比べるとDカップやEカップも珍しくなくなってきています。
それに、Cカップだとしてももっと大きくしたい、という方もいるでしょうから、特に豊胸手術を受けるべきサイズというのはありません。
自分が満足すること、コンプレックスがあるならそれを解消することが豊胸手術で一番大事なのことです。
世間の常識や流れにとらわれることなく、自分のバストの大きさが何カップであっても、まずはカウンセリングで相談してみるといいですね。
きちんと診断してもらって、胸が大きくなったときのシュミレーションすることで、豊胸手術を受けるべきかどうか冷静に判断できるでしょう。